なぜスマホで「いろいろ」やってはダメか?


スマホでいろいろやると良くないのは何故?

ども。日々新です。

先ほどのページでは、
スマホ活用は「大事なことに集中する」ことを提案したが、
これには反対意見も多くあると思う。

(私自身、1年前に聞いていたら反対していただろう。)

共通して言えることは、

■キリがない

ということだ。

くわしく解説していく。

なぜスマホでゲームをしたらダメか

これには、やはり「キリがない」というのが一番よく
当てはまる。

ハッキリ言うが、ゲームは面白い。

スマホを使ってゲームをしだすと、
次から次へと新しいモノが出てくる。

また、ソーシャルを通じて友達などからも
いろいろと紹介される。

そして、ゲーム自体もおもしろいので、
ついつい時間が空いたら、やってしまう。

本当に「キリがない」スパイラルに はまってしまう。


メールやソーシャルサービスの利用は?

これも、同様の理由「キリがない」だ。

あなたが、これらでコミュニケーションを取り始めたら、
当然 相手もあなたにメッセージを送ってくるようになる。

さらにゲームのお誘いなども頻繁に届くようになるだろう。

結局、あなたはスマホでメッセージのやりとり、
そして いつの間にかゲームを やり出してしまう。。

ただ、メッセージのやりとりに人生の価値を感じるなら
それでもいいだろう。

このあたりは、人それぞれの価値観の問題になってくる。


いろいろなアプリを試すのはなぜダメか

1台あれば 多くのアプリを試せることが
スマホのメリットではある。

ただ、これも長期的に見れば時間を浪費する。

  • 新しいアプリを試し
  • 評価して
  • よければ そのやり方を覚える

そうこうしているうちに、また新しい「気になる」アプリが
出てくる。。

こうしたアプリの環境構築にかける時間
あなたの大事な時間を気づかないうちに浪費してしまう。。

やはり「キリがない」行為になってしまう。


なぜ、スマホで情報収集がダメか?

「疑問に思うことがあれば、何でもすぐに調べる
 クセをつけなさい」


そう教えられて育った人もいるだろう。

確かに そういった使用に関してはスマホは便利だ。

しかし、人生の多くの時間を費やすスマホの利用において、

■ちょっとした事を調べる時間

に集中して費やすのは いかがなモノか、と思う。

私は、調べたいことができたら、
手帳にまず、書き溜めることにしている。

そして、
「ちょっとした事を検索する時間」というのを設ける。

そうすれば、時間がなければ必要なことのみを
選択して検索するようになるので、時間を縛ることができる。

さらに検索をするなら、パソコンで一気にやってしまった方が、
時間的にも断然速い。

なので、情報収集をメインにするのも
「キリがなく」非効率な作業と言える。


「キリがない」ことがないモノは?


ここまで見てきて、スマホは手軽に簡単に使えてしまう分、
「キリがない」スパイラルにハマりやすいということが、
分かってもらえたと思う。

では、逆に「キリがなくない」モノ、
やる分には、いくらやっても やり足りないということが
ないものは何だろう?


と考えてみる。

それは、「リピート学習」だ。

リピート学習は、何回くりかえしても効果が消えることはない。

これが、私が「リピート学習に集中すること」を
おススメする根拠となってくる。

では、次に集中することのメリットをみていこう。


⇒ 集中することのメリットとは?


「屁理屈」で世界を変える トップページへ***