なぜ 屁理屈コネリスト

なぜ、「屁理屈」コネリストになる必要があるか?


ども。日々新です。

それでは、まず
「なぜ、あなたは「屁理屈コネリスト」にならなくてはいけないか」
について、解説していく。

これを読むことによって、あなたの中の
「コネリストの血」が騒ぎ出すことだろう。


画一的に生きるのが「良」の時代は終わった


画一的な生き方からの脱却

まずもって、いままでの私たちが どう育ってきたのかを
考えたい。

私たちは、

  • 親の教えを守り、
  • 勉強ではいい成績を取り、
  • いい学校に合格し、
  • いい就職をして、
  • 上司の指示によく従い
  • 真面目にがんばって
  • 出世をして、
  • 会社のために尽くして
  • 貯金をたくさんして
  • いい老後を迎える

こういった生き方を「良し」とする教育を受けて
育ってきた。

(「真面目にがんばる」というのは、いいことだと思う。)

ただ、あなたも薄々 感じているとは思うが、
このシステム自体は崩壊している。

「会社のために尽くしても給料は上がらない」
「上司の指示に従っても成績が上がらない」
「貯金がまずできない」
「年金もらえないなら老後がマジで心配」

企業は少数の「勝ち組」と多数の「負け組」に分かれ、
負け組の企業に勤めていれば、
いい老後なんて送れそうにない。。

何がいけないか?


画一的な生き方が、全ての原因を引き起こしている。


「勉強ができて」「人の指示に従い」「真面目にコツコツ」やる
みんなが、小さくまとまってしまっているので、
時代の大きな変化に対応できないのだ。

とにかく、言われたことを勉強し、言われた仕事をがんばって
成功者になれた時代は終わった。


では、これからはどうすればいいのか?


自分の頭で考え、自分で決め、自分で行動する力が求められる。

つまり、「屁理屈」コネリストにならなければいけない時代だ。

より自分らしく、自分で責任をとり、道を切り開いていく
能力だ。

そんな時代がもうすでに来ている。

あなたに いろいろと教えてくれた親は、もうあなたが必要とする
情報を持っていない可能性が高い。

これからの道はあなた自身で切り開く必要があるのだ。


まずは、小さなことからでもいい。


なんか、自分で書いていても、たいそうな
話しになってきたな。。と思うのだが。。^^;

ちょっとクールダウンする。

ふぅ。。

さて。。

「屁理屈」だと言われても自分らしく生きていく
生き方が今後求められるといっても、
あなたは、いきなり独立してビジネスを始める
必要があるわけではない。

まずは、小さなことから取り組めばいいと思う。

例えば、
「年を取っても膝が痛くならない歩き方」を
研究し、マスターするのでもいいだろう。

「服のポケットに最適に私物を配置する方法」に
ついて究めるのもいい。

日常のほんの ささいなことからでも、
自分のアイデアを取り入れて、少しでも
「自分らしく」生きてみる。


そこから、すべての道は始まる。

そして、ゆくゆくは あなたの暮らしの全てが
「あなたらしく」なれば、最高だと思う。


 


このような背景によって、
あなたは、「屁理屈」コネリストになるべきだと私は、考える。

次へ進もう。


⇒ 屁をコくタイミングについて



日々新.biz TOPへ***