情報の仕入れ 屁理屈コネリスト基礎講座

「屁理屈」を磨くには、常に最新の情報を仕入れる

 

常に研究しているテーマの最新情報を仕入れることは、
変化の速いジャンルでは、ことさらに必要となる。

 

しかしながら、これには いくつかの注意点がある。

 

解説していこう。

 

 

作業とのバランスを考える

 

「屁理屈」を実行するための作業時間と
情報を仕入れる時間とのバランスが
おかしなモノになっては、絶対ダメだ。

 

  • 作業時間:30分
  • 情報を仕入れる時間:3時間

 

のように。。

 

(短期的に このようなバランスに意図的にする場合を除く)

 

つねに、作業の方に圧倒的に時間を費やし、
勉強については「時間を切って」行う。

 

ちなみに私の場合は、1日の作業時間は8時間くらいで、
勉強の時間は、1時間と決めている。

 

 

情報に振り回されて「本質」を見失う

 

次に注意したいのが、新しい情報に振り回されてしまって、
「本質」からズレてしまうことだ。

 

情報をどんどん組み込んでいくことで、

 

  • 「本質」のまわりに余計なモノが付き過ぎている
  • 作業自体が複雑になりすぎて、「本質」が殺されている
  • そもそも「本質」とかけ離れた情報を取り入れている

 

こういった方向に走ってしまうことは、
絶対に避けなければいけない。

 

あくまでも、「本質」を活かして飛躍させるための手段を
探るかたちで、情報は取らなくてはいけない。

 

 

最新情報があまり要らないジャンル

 

インターネット関連のジャンルでは、
日に日に変化が起きて、最新情報が必要となってくるが、
「猫背の治し方」などのジャンルでは、
それほど最新情報を集める必要はない。

 

自分の取り組んでいるジャンルがどのような位置にあるのか
把握し、適切に情報を取り込む必要がある。

 

 

 

 

このように、情報を活かすも殺すも、
また情報に殺されてしまうのも、あなた次第だ。

 

人には知識欲があり、興味のある分野の情報なら
とめどなく集めてしまいたくなる気持ちは、痛いほど分かる。

 

(私も、人一倍そのような気質が強いので。^^;)

 

そこは、うまくコントロールして
「成果を出すため」に集中できるような体制を作ろう。

 

 

ここまでで、大体のことは話せたと思う。

 

最後のまとめに移ろう。

 

 

⇒ 最後の「まとめ」

 

 

 

「屁理屈で世界を変える」 トップに戻る***