常識 屁理屈コネリスト基礎講座

つねに常識を疑い続ける

 

ども。日々新です。

 

先ほどのページで、「本質を撃ち抜く」ことができなかった
人も多いだろう。

 

そういった場合に よく見られるのが、
「あなたが受け入れている『常識』によって本質が
 隠れてしまっている」

ケースだ。

 

解説していこう。

 

 

常識は本質を隠してしまう

 

最近、大ヒットしているのが、
キリンビバレッジの「メッツコーラ」だ。

 

このコーラは、コーラでありながら
特定保健用食品(トクホ)に指定され、
「体に良いコーラ」ということで、話題になっている。

 

今までの常識では、
「コーラは おいしい、でも体に悪いモノ」
と考えられていた。

 

しかし、それは全く意味がなく、
「コーラは体に悪いモノである必要はない」という
本質を隠してしまっていた。

 

このように、常識として考えていることを
疑ってみると、その中に本質が隠れていることが よくある。

 

なので、「つねに常識を疑ってみる」
この姿勢が大事になってくるのだ。

 

 

逆を考えてみる

 

とはいえ、トクホコーラのように鋭く本質を撃ち抜くことは
けっこう難しい。

 

なので、その簡単な練習として、
「逆を考えてみる」というのが有効だ。

 

みんながやっていることの逆にしたらどうなるだろう?

 

ということを常に考えてみるのだ。

 

もちろん、100発100中で本質までたどり着けることはなく、
ほとんどが不発に終わってしまうのだが、
100発のうちの1発でも「本質」に突き当たれば良しとする。

 

こういった、思考の積み重ねが
あなたが「あなたらしく」生きるために必ず役に立ってくる。

 

なので、この考え方をぜひ取り入れてほしい。

 

 

 

 

次も本質を撃ち抜くためのヒントを続けていく。

 

 

⇒ 「ミクスチャー」の考え方について

 

 

 

日々新の「屁理屈で世界を変える」 トップページに戻る***