ノマドワーカーこそ「歩き方」にこだわりたい。

ども。日々新です。

ノマドワーカーをしていて、困ることの1つに
「運動不足」が挙げられるだろう。

(メチャクチャ稼いでいる人は別として。)

大抵は、喫茶店やファミレス、図書館などに
陣取って、長時間作業を行うため、
慢性的な運動不足に陥っている人は多いと思う。

また、ノマドワーカーに限らずネット副業などに
精を出している方も同様の事情だろう。

かといって、ジム通いをするほど稼げてもいないし、
時間もない。

(第一、なんか面倒くさい。^^;)

そこで、私が提案したいのが「歩き方」を変えることだ。

ノマドワーカーの歩き方とは。。

「歩く」機会は案外ある。

完全に自宅を一歩も出ないという形の人は難しいかも知れないが、
(厳密に言うと、それはノマドワーカーではないのだが。)
多くの人の場合、歩く機会は度々あるハズだ。

家から喫茶店までの移動、喫茶店からファミレスまでの移動
(場所替えを想定している)など。。。

別に私は、
「一駅手前で降りて、歩いてみましょう。」なんて
シャラ臭いことを言うつもりはない。

■歩く機会を最大限に使って真剣に歩こう

と提案したいのだ。

歩く前に考えること

歩く前に、1つ考えて置くべきことがある。

それは、「歩く時間」だ。

歩く時間によって「歩き方」を変える必要がある。

順に見ていこう。

30秒未満の「歩き方」

歩く時間が30秒未満であるのなら、もうそれは、
「全力疾走」でいい。

体のすべてのエネルギーをフル稼働させて、素早く動く。

ただ、最初のうちは、急に動き出すことにおける
予期せぬ出来事(ぎっくり腰、足がつる)などに
細心の注意を払う必要がある。

30秒から20分未満は「パワーウォーキング」

こちらは、おもに筋力トレーニングに利用する。

私は「パワーウォーキング」と呼んでいる。

大雑把に言うと体の重心を低くして、
足を思いっきり蹴るようにして歩く。

パワーウォーキングに関しては、
詳細を説明すると長くなってしまうので、
また別に機会があれば解説することにしよう。

20分~40分くらいは「有酸素運動」のチャンス

私は専門家ではないのだが、20分くらい運動を続けると
有酸素運動が始まるようだ。

普段することのない この運動。。

このくらいの時間 歩く時は、それができるチャンスだ。

積極的に活用しよう。

この歩き方は、早朝や夕方にオバちゃんがやっている
いわゆる「ウォーキング」というやつを見よう見まねで
やってみよう。

(手の振りをどうするかは、各自に任せる。)

40分を超える歩行は。。

人それぞれの考え方によると思うが、
私は、40分以上の歩行はあまり体に良くないものだと
考えている。

(何でもやり過ぎは良くないと思っている。)

なので、もしどうしても このくらいの時間を
歩く必要に迫られた時は、「省エネ歩き」を行う。

「省エネ歩き」についても、話しだすと長くなるので、
詳細は控えるが、ザクっとお話しすると、

「ナンバ走り」をモチーフにした重力の力を最大限に
活用した歩き方になる。

また、コレも機会があればお話しよう。

これらの歩き方を実践するメリット

これらの歩き方を実践するメリットは、
運動不足解消も もちろんそうなのだが、まだある。

時間が短縮できることだ。

早く動くことによって、移動のロスタイムが減少する。

これは、時間に追われている現代人にとって
思わぬ副産物に当たると言えるだろう。

デメリットもある。

逆にデメリットもある。

多くの人は、歩いている時に「考え事」をすると思うが、
歩くことに意識が動くため、考え事はしづらくなる。

ただ、これは一時的な問題で
慣れてしまえば普通に考え事ができるようになるので、
たいした問題ではないだろう。

歩いてみよう

「歩き方」同様、とても駆け足になってしまったが、
ざっくりと私が思う「歩き方」を紹介させてもらった。

ノマドワーカーのみならず、運動不足に悩む人に
広く活用してもらえることを願っている。

最後に長文になってしまったが、
ここまで読んでくれたことに感謝する。

では。

日々新の屁理屈 トップページヘ >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ